出版書 | 医学・薬学領域の関連書籍専門出版社 ヴァンメディカル - Part 4

2019年5月28日

消化器の臨床
Vol.22 No.2 2019

主な内容

Grand Rounds
大腸憩室出血―その原因と対応

特集Ⅰ 腸内細菌と消化器疾患

腸内細菌の解明が消化器疾患診療にもたらすもの
腸内細菌と各疾患の関連についての最新知見
・腸内細菌と肝疾患
・腸内細菌と過敏性腸症候群
・腸内細菌と炎症性腸疾患
・腸内細菌と大腸癌

特集Ⅱ 消化器疾患にまつわる貧血診療

消化器疾患に関連する貧血診療
鉄欠乏性貧血とその治療指針
上部消化管疾患における貧血診療
下部消化管疾患と貧血―特にIBDに関連した貧血のマネジメントについて
消化器外科における貧血診療

■連 載
■ESDの実際(62)
 Pocket-creation methodを用いた十二指腸ESD

2019年5月10日

臨床腫瘍プラクティス
Vol.15 No.2 2019

主な内容

1.薬物療法を大きく左右する非小細胞肺癌の診断
2.切除不能Ⅲ期非小細胞肺癌への化学放射線療法/薬物療法
3.遺伝子診断の結果に基づくⅣ期非小細胞肺癌への薬物療法
1)肺癌治療における分子標的治療
2)EGFR 遺伝子変異陽性非小細胞肺癌(非扁平上皮癌)に対する治療戦略
3)ALK 遺伝子転座陽性非小細胞肺癌(非扁平上皮癌)に対する治療戦略
4)ROS1遺伝子転座/BRAF 遺伝子変異陽性非小細胞肺癌(非扁平上皮癌)に対する治療戦略
5)EGFR,ALK,ROS1,BRAF に変異がない非小細胞肺癌に対する治療戦略―免疫チェックポイント阻害薬を含む薬物療法の立て方

連載
●放射線治療のいま―各がん腫におけるエビデンスと標準治療(20)
肺がんに対する放射線治療のストラテジー
●在宅緩和医療の現場から(4):エンド・オブ・ライフケアと在宅緩和医療
3)外来がん化学療法の延長線上にある「在宅緩和医療」
●トピックス(54)

2019年4月9日

感染対策ICTジャーナル
Vol.14 No.2 2019

主な内容

Special feature
院内でも在宅でも
カテーテル関連尿路感染症(CAUTI)の予防対策

■Guideline ガイドラインから導くカテーテル関連尿路感染症(CAUTI)予防―CDC・海外・国内ガイドラインの比較
■Epidemiology カテーテル関連尿路感染症(CAUTI)の疫学―全国サーベイランス・耐性菌動向から見えてくる現状
■Basic 尿道留置カテーテル管理の最新エビデンス&テクニック
1)使用目的・留置期間・早期抜去の理論―「不適切」をなくすために
2)挿入手技・消毒方法・採尿バッグ管理の理論―手指衛生と個人防護具の使い方を含めて
■Equipment 尿道留置カテーテル管理の最新製品
1)尿道カテーテルの種類とそのエビデンス―素材とコーティング
2)カテーテルの被膜・固定・保護製品―スキン-テアを踏まえた正しい固定方法と製品活用の有用性
■Daily カテーテル関連尿路感染症(CAUTI)予防のための日常戦略
1)CAUTI予防のためのラウンド戦略―サーベイランスの実践・活用を含めて
2)CAUTI予防のための抗菌薬適正使用戦略―抗菌薬適正使用支援チーム(AST)活動の実践
3)CAUTI予防のためのチーム戦略―排尿ケアチームで挑む尿道留置カテーテル管理の実践
■Management 特殊患者のカテーテル関連尿路感染症(CAUTI)予防―一般患者との違いを重点にした実践ポイント
1)小児科患者
2)精神科患者
■Focus 在宅高齢者患者のカテーテル関連尿路感染症(CAUTI)予防
1)在宅患者におけるCAUTI予防の考え方―尿道留置カテーテル管理の現状と今後の課題を含めて
2)在宅患者における尿道留置カテーテル管理の実際―長期留置カテーテルの管理と間歇(自己)導尿の実践

2019年3月8日

感染と抗菌薬
Vol.22 No.1 2019

主な内容

●血流感染症の検査と診断―真の原因菌同定のためのポイント
●血流感染症治療における抗菌薬選択のターニングポイント―感性・耐性から考える
(1)黄色ブドウ球菌―MSSA・MRSA
(2)大腸菌・肺炎桿菌―ESBL産生菌
●症例解析から見る救命のポイント1 患者背景別の敗血症
(1)外科患者
(2)固形がん患者
(3)小児患者
(4)慢性腎臓病患者・透析患者
●症例解析から見る救命のポイント2 重症の血流感染症
(1)カンジダ血症
(2)感染性心内膜炎
(3)敗血症性ショック
●口腔咽頭カンジダ症治療の新たな選択肢
第3回 口腔カンジダ症治療に新薬をどう使うか
●随感
思い出ずるままに~医学人生模様(66・最終回)

2019年3月5日

胃がん・大腸がん 一緒に考えましょう,あなたの治療

 ※BASE株式会社の決済システムを使用しています。

主な内容

1.「胃がん・大腸がんです」と告げられたあなたに必要なことは何でしょう?
2. 今,あなたのがんに対する最適な治療は何でしょう?
3. どんな治療法があるのでしょうか?
4. 一緒に考えましょう。あなたの治療のこと
5. 薬を使ったがん治療のこと,もう少し詳しく
6. がんによる苦痛や薬の副作用は和らげることができます
7.「がんが消えたあの食品!」本当に信じていいの?
8.安全・ 安心な闘病期間を過ごすための知識

2019年2月26日

消化器の臨床
Vol.22 No.1 2019

主な内容

Grand Rounds
肝性脳症

特 集 胆道疾患の診断―速やかな治療のために

胆道疾患の診断の進め方
胆石症診断のポイント
急性胆道感染症診断のポイント
・急性胆管炎
・急性胆嚢炎
硬化性胆管炎の鑑別診断
・原発性硬化性胆管炎
・IgG4関連硬化性胆管炎
胆道癌早期診断のポイント
胆嚢腺筋腫症診断のポイント
膵・胆管合流異常と先天性胆道拡張症の診断のポイント

■連 載
ESDの実際(61)
 頸部食道癌に対するESDの実際
■経 験
注腸X線造影検査時の前処置に関する使用経験

2019年2月14日

臨床腫瘍プラクティス
Vol.15 No.1 2019

主な内容

1.これが今後の大腸がん薬物療法
2.大腸がん領域へのバイオマーカー臨床導入はどう進むか?
1)RAS 変異・BRAF 変異の有無と薬物療法
2)マイクロサテライト不安定性(MSI)の頻度と薬物療法―MSI-High大腸がんへの対応は?
3)結腸がん原発巣占拠部位の左右差による薬物療法への影響
3.その症例に最も適したベースレジメンは何か?―そのメリットは?
4.Conversion Therapy―最初から狙っていくべき症例とは?そのために使う薬剤は?
5.術後補助化学療法の投与期間に関する試験結果をどう考えればいいのか?
6.大腸がんに対する免疫療法は有効か?―今後の展望

連 載
放射線治療のいま―各がん腫におけるエビデンスと標準治療(19)
高齢者に対する放射線治療のストラテジー
在宅緩和医療の現場から(3):エンド・オブ・ライフケアと在宅緩和医療
2)人口減少に伴う,これからのエンド・オブ・ライフケア
トピックス(53)

2019年1月11日

感染対策ICTジャーナル
Vol.14 No.1 2019

主な内容

Special feature
CDI[クロストリジウム(クロストリディオイデス)・ディフィシル感染症]・ノロウイルス感染症との戦い方 腸管感染予防策(Enteric Precaution)

■Basic 腸管感染予防策における行動規範
1)隔離予防策―隔離・解除の基準と現実的な隔離の方策
2)接触予防策―手指衛生・手袋着脱の正しいタイミングとその教育・実践まで
3)汚物処理と環境清掃―嘔吐物処理セット・マニュアルの作成とその活用
■Disinfection 腸管感染予防策における消毒薬の使用規範―エビデンスから導く効果的・実用的な製品選択
■Update 1 CDIの新しい動きを探る
1)CDIの疫学と現場問題―世界と日本の最新事情
2)CDIのガイドライン―海外ガイドライン改訂のポイントと国内ガイドライン策定の動き
3)CDIの検査・診断・予防・治療―対象患者の考え方と新規薬剤による今後の展望
■Update 2 ノロウイルス感染症の最新動向―疫学から予防までの知っておきたい最新レビュー
■Scene 腸管感染予防策の最前線―アウトブレイク事例に学ぶ発見から対処までの実際
1)一般外来・クリニック
2)高齢者施設・介護施設
3)小児病棟・小児施設
4)給食施設
■Staff 施設職員・関連職員のノロウイルス感染症対策―感染・伝播予防と職場復帰までの管理手順

2018年12月13日

感染と抗菌薬
Vol.21 No.4 2018

主な内容

●臨床応用のためのブレイクポイントの考え方―3つの基準(国内・CLSI・EUCAST)の比較と使いこなし方
●系統別 ブレイクポイントの変化動向と臨床応用のポイント
(1)ペニシリン系薬
(2)セフェム系薬
(3)ニューキノロン系薬
(4)カルバペネム系薬
●ブレイクポイントを活用した日常診療の用法・用量設定
(1)肺炎
(2)腎盂腎炎・膀胱炎
●抗真菌薬ブレイクポイントを考える―感受性動向・検査法の現状から臨床応用のポイントまで
●Topic 新規抗インフルエンザ薬『バロキサビル』の展望―最新のインフルエンザ動向を踏まえて
●口腔咽頭カンジダ症治療の新たな選択肢
第2回 口腔カンジダ症の治療
●随感
思い出ずるままに~医学人生模様(65)

2018年11月26日

消化器の臨床
Vol.21 No.4 2018

主な内容

Grand Rounds
原発性硬化性胆管炎

特 集 潰瘍性大腸炎の内科的治療―進め方と見極め方

潰瘍性大腸炎の内科的治療
潰瘍性大腸炎における各薬物療法の進め方と薬剤・治療変更の見極め方
5-ASA製剤
ステロイド製剤―その有用性とリスクを踏まえて
チオプリン製剤,カルシニューリン阻害薬―副作用も含めて
抗TNFα抗体製剤
潰瘍性大腸炎に血球成分除去療法が有用なとき
潰瘍性大腸炎治療における新薬トファシチニブ,ベドリズマブの可能性

小 特 集 機能性ディスペプシアの最新知見と新たな診療

機能性ディスペプシアの病態に関する新たな知見―十二指腸粘膜の病態生理の観点から
ストレスを考慮した機能性ディスペプシア/胃食道逆流症合併患者の診療
エビデンスに基づく,プライマリケアにおける上腹部症状診療の実際

■連 載
■ESDの実際(60)
肛門管にかかる直腸腫瘍に対するESD

1 2 3 4 5 6 7 8 9 48