出版書 | 医学・薬学領域の関連書籍専門出版社 ヴァンメディカル

2022年1月17日

感染対策ICTジャーナル
Vol.17 No.1 2022

目次

Special feature
スマートな実践のための 汚物処理ソリューション

■Statement 日本の汚物処理室のリアル―感染のリスクアセスメント
(吉田理香)
■Update 汚物処理室のファシリティ
1)汚物処理のシステム―リユースかディスポーザブルか,最新の考え方を知る
(今川嘉樹)
2)汚物処理機器・設備のデザイン―最新の製品規格・特徴を知る
(大石貴幸)
■Basic 汚物処理室のマネジメント
1)設備設計のプランニング―汚物処理室の構造と大型機器・シンクの配置
(富田 学)
2)日常管理のポイント―汚物処理室の環境整備と環境調査
(有村尚子)
■Procedure 患者周囲の汚物処理テクニック―現場から汚物処理室までのピットフォール
(坂本麗花)
■Solution 1 尿器・便器処理『ベッドパンウォッシャー』
1)ベッドパンウォッシャーの基本―エラーポイントから見る正しい使い方
(中家聖子ほか)
2)ベッドパンウォッシャーの清浄度―容器形状から見る残留リスクとその対策
(久保木修)
3)ベッドパンウォッシャーの運用―コストパフォーマンスを含めた機器管理
(須川真規子)
■Solution 2 尿器・便器処理『マセレーター』
1)マセレーターの知識―海外での使用状況と日本での将来ビジョン
(嶋 雅範)
2)マセレーターの導入―使用の実際とメリット・デメリット
(飯塚智彦)
■Concern 高齢者施設の汚物処理マネジメント―プロの見た現状と現場へのアドバイス
(野澤寿美子)

2021年12月16日

ゾーンに入るためのメンタルトレーニング

👉アマゾンでのご購入はこちら
👉楽天ブックスでのご購入はこちら

目次

はじめに
ゾーンとはどういう状態か?
メンタルトレーニングとゾーン
・メンタルトレーニングとは?
・ゾーンに入るには?
セルフコントロールとは?
・姿勢
・呼吸
・音楽
リラクセーションとは?
リラクセーションの方法・トレーニング
サイキングアップとその方法
理想的な心理状態
理想的な心理状態の見つけ方
試合前・試合中の集中力の高め方、集中力のトレーニング
・集中力を高める方法1
・集中力を高める方法2
・集中力を高める方法3
・集中力を高める方法4
・集中力を高める方法5
おわりに

著者プロフィール

高妻 容一(コウヅマ ヨウイチ):スポーツメンタルトレーニング 名誉指導士/日本メンタルトレーニング・応用スポーツ心理学研究会 代表
福岡大学体育学部体育学科卒業,中京大学大学院体育学研究科修士課程修了,フロリダ州立大学博士課程運動学習・スポーツ心理学留学,フロリダ大学研究留学,近畿大学教養部を経て東海大学体育学部教授(~2021年3月)
著書に「大リーグのメンタルトレーニング(ケン・ラビザ,トム・ヘンソン 著,高妻容一 監訳)」「新版 今すぐ使えるメンタルトレーニング:選手用(高妻容一 著)」「新版 今すぐ使えるメンタルトレーニング:コーチ用(高妻容一 著)」〔ベースボール・マガジン社刊〕,「結果を出す人のこころの習慣(高妻容一 著)」〔サンマーク出版刊〕など多数

内容見本

2021年12月13日

感染と抗菌薬
Vol.24 No.4 2021

目次

特集:新型コロナ最前線 ワクチンと治療―今を知り,これからを考える

●新型コロナワクチン開発の最前線
(1)日本における新型コロナワクチンの開発―国産ワクチンの意義と展望
(戸高玲子ほか)

(2)海外における新型コロナワクチンの開発―世界の治験状況と展望
(竹田 誠)

●新型コロナワクチン研究の最前線
(1)新型コロナワクチンの接種に関する最新知見―接種間隔・交差接種・ワクチン効果・ブースター接種
(渡辺 彰)

(2)新型コロナワクチンの副反応―日本人における副反応の最新知見
(森内浩幸)

●新型コロナワクチン接種の最前線
(1)小児の新型コロナワクチン接種―効果・副反応の最新知見と接種要否の考え方
(齋藤昭彦)

(2)ウイルスベクターワクチンの接種―効果・副反応の最新知見と国内使用の考え方
(宮下修行ほか)

●新型コロナ治療の最前線
(1)抗体カクテル療法
(西田千夏ほか)

(2)新規コロナ治療薬
(川口 剛ほか)

2021年11月2日

アフターワクチンの新型コロナ感染対策 ―ワクチン接種後のモヤっとを解決!

👉アマゾンでのご購入はこちら

目次

はじめに
■ワクチンの効果のモヤっと
①ワクチン後はコロナに感染しない?
➁ワクチン後は他の人に感染させない?
③ワクチンの3回目の接種は必要?

■ワクチン後の感染対策のモヤっと
④ワクチン後は手指消毒がいらない?
⑤ワクチン後はマスクがいらない?
⑥ワクチン後は身体的(社会的)距離がいらない?

■ワクチン後の会話・食事・娯楽のモヤっと
⑦ワクチン後は友人同士でマスクなしの会話ができる?
⑧ワクチン後は友人同士でランチ・飲み会ができる?
⑨ワクチン後は友人同士でカラオケができる?
⑩ワクチン後は屋外ならみんなでバーベキューができる?

■ワクチン後の帰省・旅行のモヤっと
⑪ワクチン後は帰省できる?
⑫ワクチン後は孫と触れ合える?
⑬ワクチン後は親戚一同で集まれる?
⑭ワクチン後の旅行はコロナ前と同じに行ける?

■ワクチン後のくらしのモヤっと
⑮ワクチン後は環境表面の消毒がいらない?
⑯ワクチン後は家庭内感染が起きない?
⑰ワクチン後はアクリル板がいらない?
⑱ワクチン後は換気がいらない?

■今後のモヤっと
⑲ワクチン接種はこれからも続く?
⑳マスクなし生活はやってくる?
おわりに

メディア掲載

●中日新聞 2021年11月11日(木)
「アフターワクチンの感染対策まとめる 矢野邦夫さん出版」
本書の紹介記事が掲載されました!

●静岡新聞 2021年11月23日(火)社会面
「ワクチン3回目、大多数が接種でマスク不要に 浜松医療センター・矢野邦夫医師が見解」
著者のインタビューともに本書が紹介されました!

●静岡放送「ORANGE」2021年11月16日(水)放送
「以前の生活にいつ戻れる? コロナの疑問 医師が解説」
矢野邦夫先生のインタビューとともに、本書についての特集が組まれました!

内容見本

2021年10月14日

感染対策ICTジャーナル
Vol.16 No.4 2021

目次

Special feature
ハイリスクと闘う 新生児医療の感染対策

■Introduction 新生児医療における感染対策の現状―新型コロナウイルスの影響を含めて
(森岡一朗)

■Basic risk 新生児医療の特殊性―知っておくべきハイリスクの理由
1)新生児の病態と最新医療技術―高度医療に潜む感染リスク
(大木康史)

2)新生児の看護ケアと医療処置―日常業務に潜む感染リスク
(岩浅留美子)

■Risk & Control 1 新生児医療の病原体リスクとその対策
1)新生児医療の感染症リスク―病原体の種類から症状・治療・予防まで
(野崎昌俊)

2)新生児医療の耐性菌リスク―NICUサーベイランス動向と監視培養実施の指標
(木下大介)

■Risk & Control 2 新生児医療の伝播リスクと環境整備
1)NICU・GCUの環境整備―多職種・面会者とのかかわりを踏まえた伝播予防策
(岡﨑 薫)

2)保育器の環境整備―日常清掃とターミナル清掃のポイント
(星野智子)

■Practical 新生児医療の感染対策の実際―他領域との違いの視点から
1)標準予防策―手指衛生・個人防護具を中心に
(永田由美)

2)輸液管理・人工呼吸管理
(川野佐由里)

3)隔離対策―アウトブレイク時の対処方法
(井石倫弘)

4)看護ケアの感染管理―皮膚ケア・口腔ケア・授乳ケア
(平岩美緒ほか)

■Topic ロタウイルスワクチンの定期接種―新生児医療での意義と接種の実際
(小林正樹)

2021年10月5日

感染対策超入門―成功の秘訣

目次

はじめに
なぜ感染対策?
そもそも感染ってなに?
それで、感染対策ってなに?
病原体? 耐性菌??
標準予防策ってなに?
1.手指衛生
2.個人防護具の使用
3.咳エチケット
4.患者の配置
5.患者ケアに使用した器材の処理
6.環境整備
7.リネン類の取り扱い
8.安全な注射手技
9.腰椎穿刺時のサージカルマスクの着用
10.労働者の安全
感染経路別予防策ってなに?
1.接触予防策
2.飛沫予防策
3.空気予防策
洗浄? 消毒?? 滅菌???
新型コロナウイルス感染症の感染対策
おわりに
文献

内容見本

メディア掲載

●中日新聞 2021年10月18日朝刊 
「コロナ禍の今こそ、感染症対策を身近に―浜松医療センター 矢野邦夫さんが出版」
本書を大きくご紹介いただきました!

2021年9月7日

感染と抗菌薬
Vol.24 No.3 2021

目次

特集:ポストコロナのための感染症レビュー―動き出す社会に備えて

●新型コロナ最新レビュー

(1)日本における変異株の動向と新型コロナワクチンの効果
(鹿児島大学 西 順一郎)

(2)日本における新型コロナウイルス感染症治療―中和抗体薬,抗ウイルス薬と抗炎症薬の使用の最新知見
(石川県立中央病院 西 耕一)

●ポストコロナの微生物検査―新型コロナ検査の最新知見と検査体制の在り方
(国際医療福祉大学成田病院 佐藤智明)

●ポストコロナに備えるべき日常感染症―動向・対策・治療の基本まで

(1)季節性インフルエンザ
(公益財団法人大原記念倉敷中央医療機構倉敷中央病院 伊藤明広ほか)

(2)肺炎球菌感染症・インフルエンザ菌感染症
(東京医科大学 中村茂樹)

(3)小児感染症―RSウイルス感染症・連鎖球菌感染症・マイコプラズマ肺炎
(兵庫県立こども病院 笠井正志)

(4)麻疹・風疹・水痘・流行性耳下腺炎
(川崎医科大学 大石智洋)

(5)結核・多剤耐性結核
(独立行政法人国立病院機構近畿中央呼吸器センター 露口一成)

2021年7月28日

感染対策ICTジャーナル
Vol.16 No.3 2021

主な内容

Special feature
コロナ禍の 感染経路別予防策のニューノーマル

■Introduction 感染経路別予防策の「ニューノーマル」を考える―新型コロナが与えたインパクト
(京都府保健環境研究所/京都府立医科大学 藤田直久)

■Research 環境消毒のニューノーマル―新型コロナを踏まえた新知見
1)環境消毒薬の効果と使用法―噴霧・空間消毒の是非を含めて
(愛知医科大学病院 塩田有史ほか)

2)紫外線照射の効果と活用法
(東北大学 金森 肇)

■Topic オゾン水による野菜・用具・手指の消毒―その効果と接触予防策への活用提案
(公立大学法人山陽小野田市立山口東京理科大学 尾家重治)

■Equipment 個人防護具選択のニューノーマル―N95マスクの要否を含めて
(大阪大学医学部附属病院 太田悦子)

■Approach 手指衛生戦略のニューノーマル
1)アルコール手指消毒薬による手指衛生―手指衛生遵守の取り組みとその成果
(一般財団法人平成紫川会小倉記念病院 山下恵美)

2)手洗い石けんによる手指衛生―無添加石けん導入の取り組みと手指衛生における患者教育の重要性
(社会医療法人雪の聖母会聖マリア病院 馬場千草)

■Attention エアロゾル発生手技とエアロゾル対策
(広島大学 大下慎一郎ほか)

■Scene 現場別にみる感染経路別予防策のニューノーマル―感染リスクと感染対策の実際
1)救急外来
(川崎医科大学/川崎医科大学附属病院 椎野泰和)

2)内視鏡室
(三重県厚生農業協同組合連合会松阪中央総合病院 前川晃大)

3)耳鼻咽喉科―院内全体の標準予防策変更を含めて
(順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター 石井 幸)

4)歯科
(広島大学病院 岩田倫幸ほか)

2021年7月9日

バスケットボールのケガ―メカニズム・治療・リハビリ・予防

👉Amazon(書籍版・Kindle版)でのご購入はこちら
👉楽天ブックス(書籍版)でのご購入はこちら
👉医書JP(電子版)でのご購入はこちら
👉M2PLUSでのご購入はこちら

目次

① イントロダクション
1 骨
2 筋肉・神経
3 バスケットボールの動きの解剖
4 バスケットボールに多いケガ
5 急性期のケガの処置
6 スポーツ復帰時期の考え方
7 スポーツ障害(オーバーユースによって生じるケガ)の予防

② バスケットボールの主なケガ
1 脳振盪
2 鼻出血・鼻骨骨折
3 外傷による骨折・脱臼
4 肩関節脱臼
5 指の脱臼、突き指や骨折、捻挫
6 腰椎分離症
7 腰椎椎間板ヘルニア
8 股関節痛
9 大腿部の筋挫傷(モモカン)
10 肉離れ(下肢)
11 ジャンパー膝(膝蓋腱炎)
12 オスグッド病
13 前十字靭帯損傷
14 膝の内側側副靱帯損傷
15 半月板損傷
16 シンスプリント
コラム:足がつる
17 足関節捻挫
18 アキレス腱断裂
19 足部の疲労骨折
20 熱中症

本文見本





 


ランキング入り

楽天ブックス週間ランキング 3位(バスケットボール,2021年8月23日-29日)を獲得しました!

楽天ブックス日別ランキング 2位(バスケットボール,2021年8月24日)を獲得しました!

SNSで多くの反響!!

2021年6月14日

感染と抗菌薬
Vol.24 No.2 2021

主な内容

Withコロナ感染症診療―Afterコロナを見据えて

●新型コロナワクチンの今を知る―接種の現状と医療への展望
(国立感染症研究所 多屋馨子)

●Withコロナ感染症診療―診療体制・患者動向・治療の実際

(1)耳鼻咽喉科
(和歌山県立医科大学 河野正充ほか)

(2)呼吸器内科
(三重県立一志病院 院長 丸山貴也)

(3)泌尿器科
(神戸大学 梁 英敏ほか)

(4)小児科
(慶應義塾大学 新庄正宜)

●Withコロナ真菌症診療―真菌症対策を含めて

(1)呼吸器内科領域―COVID-19関連肺アスペルギルス症
(千葉大学真菌医学研究センター 渡辺 哲ほか)

(2)血液内科領域
(兵庫医科大学病院 池亀和博ほか)

●通院患者のWithコロナ感染症診療―患者マネジメントと治療の実際

(1)結核患者
(国立病院機構東京病院 佐々木結花)

(2)HIV感染症患者/後天性免疫不全症候群(AIDS)患者
(国立研究開発法人国立国際医療研究センター 塚田訓久)

1 2 3 4 5 6 49