雑誌

臨床腫瘍プラクティス
Vol.7 No.2 2011

NO IMAGE
特集 卵巣がんの薬物療法-その現状と将来展望
編集
坂田 優
佐藤 太郎
発行年月
2011年5月刊
定価
本体2,000円+税 (送料実費)
判型
B5判
ISBN
978-4-86092-474-4
年4回(2,5,8,11月)
注文番号J24

ご購入はこちらから

関連カテゴリー

主な内容

特 集 卵巣がんの薬物療法-その現状と将来展望

1.卵巣がん薬物療法の理解と実践のために-その背景
2.卵巣がん薬物治療の実際
1)上皮性癌に対する治療
(1) 新たな治療法の開発
a)腹腔内化学療法(IP療法)
b)卵巣がん化学療法におけるDose-dense療法の発展
c)ベバシズマブを用いたレジメン
(2) 組織型別卵巣がんの治療
a)明細胞腺癌に対する薬物療法
b)粘液性腺癌に対する薬物療法
(3) 再発卵巣がんに対する薬物療法
2)胚細胞腫瘍に対する薬物療法
3.卵巣がん薬物療法の将来展望
1)分子標的治療薬-PARP Inhibitor,mTOR inhibitor etc
2)HB-EGFを標的とした卵巣がん治療
4.有害事象対策-効果的な支持療法
1)悪心・嘔吐にどう対応するか
2)手足症候群,口内炎にどう対応するか

■連 載
抗がん剤を知る-薬剤選択のための知識(24)
実践・緩和医療のすべて(22)
クローズアップ・がん治療施設(22)
症例提示(24)
トピックス(23)