雑誌

臨床腫瘍プラクティス
Vol.5 No.2 2009

NO IMAGE
特集 最善の緩和医療をめざして
編集
坂田 優
佐藤 太郎
発行年月
2009年5月刊
定価
本体2,000円+税 (送料実費)
判型
B5判
ISBN
978-4-86092-465-2
年4回(2,5,8,11月)
注文番号J16

ご購入はこちらから

関連カテゴリー

主な内容

特 集 最善の緩和医療をめざして

1.がん対策基本法による緩和ケア
2.がん告知時に始まる緩和医療
3.医師は患者の心の痛みにどう対応すべきか
4.がん疼痛緩和のポイント
1)除痛治療の基本
2)薬物による除痛の進め方2
3)オピオイドが効かなくなってきたときの手だては
5.各部位における症状緩和の手だて
1)消化器症状の緩和のために
2)呼吸器症状の緩和のために
3)精神神経症状の緩和のために
4)リンパ浮腫の緩和のために
6.緩和的放射線治療の進め方
7.緩和医療としての化学療法の考え方
8.在宅緩和ケアの取り組みと問題点
9.施設における緩和ケアの実践(緩和ケア病棟 vs 一般病棟)
10.スピリチュアルケアと看取りのとき
11.患者家族へのケア―どう対応していくか

■連 載

抗がん剤を知る(16)―薬剤選択のための知識
クローズアップ・がん治療施設(15)
症例提示(16)
トピックス(15)
研修医からの質問Q&A
総 説