書籍

介護スタッフのための 高齢者施設の感染対策

◆感染対策分野のエキスパートが介護スタッフのために,高齢者施設で行うべき感染対策をわかりやすく具体的に解説!
◆介護現場の第一線で実践的に使える,マニュアル作りにも役立つ一冊!!
介護スタッフのための 高齢者施設の感染対策
東京医科大学微生物学分野 主任教授 松本哲哉 編著
発行年月
2016年3月刊
定価
本体1,800円+税
判型
A5判(2色刷)
ページ数
128頁
ISBN
978-4-86092-121-7
注文番号D14
ご購入はこちらから

関連カテゴリー

主な内容

◎はじめに
<基 本>
Ⅰ.感染対策の基本的考え方
① 感染対策はなぜ必要か
② 高齢者施設と病院内の感染対策の違い
③ 高齢者における感染症の特徴
Ⅱ.感染経路別予防策の基本
① 標準予防策
② 接触感染予防策
③ 飛沫感染予防策
④ 空気感染予防策
<対応策>
Ⅲ.感染症発生時の対応
① 感染症の発生状況の把握
② 感染拡大の防止
③ 医療処置
④ 行政への報告
⑤ 関係機関との連携など
Ⅳ.病原体別の対応と予防策
① 接触感染
・ノロウイルス
・下痢を起こす各種細菌
・疥癬虫
・薬剤耐性菌
② 飛沫感染
・インフルエンザ
③ 空気感染
・結核
④ その他
・レジオネラ
Ⅴ.疾患別の対応と予防策
① 上気道感染、気管支炎
② 肺炎(誤嚥性肺炎を含む)
③ 尿路感染
④ 褥瘡部感染
⑤ 下痢症
⑥ 原因不明の発熱
<予防策>
Ⅵ.平常時の予防策
① 環境の整備
② 清掃について
③ 嘔吐物・排泄物の処理
④ 血液・体液の処理
⑤ 汚染器材の管理
⑥ 汚染リネンの管理
⑦ 呼吸器衛生・咳エチケット
⑧ 感染症早期発見の方策
Ⅶ.介護で特に気を付けること
① 介護の現場で必要とされる標準予防策
② 感染媒体となりうるスタッフ
③ スタッフの健康管理
④ スタッフの手洗い
⑤ 手袋の着用と交換
⑥ 食事介助
⑦ 排泄介助
⑧ 入浴介助
⑨ 医療処置
⑩ 日常の健康状態の観察と対応
⑪ 入所者の手指の清潔
Ⅷ.組織として取り組むこと
① 感染管理体制をつくる
② スタッフの研修
Ⅸ.感染対策Q&A
Q1:入院中に耐性菌の保菌が明らかになりました。入所を
断ることはできるのでしょうか?
Q2:認知症の高齢者でスタッフの指示に従ってくれませんが、感染対策はどこまで徹底すればいいのでしょうか?
Q3:スタッフが感染症で休んでいます。人手不足で厳しい状況
ですが、いつになったら復帰させていいのでしょうか?
Q4:スタッフの入れ替わりが多いのですが、感染対策を徹底させ
るにはどうすればいいでしょうか?
Q5:入所者が発熱と咳、痰を認めています。家族が面会に来て
いますが、何か注意点はありますか?
Q6:もったいないので消毒薬は容器を洗って再利用するよう
に言われました。大丈夫なのでしょうか?
◎おわりに
◎索引