雑誌

感染対策ICTジャーナル
Vol.11 No.1 2016

継続・維持・向上を目指す 手指衛生の徹底化
特集 継続・維持・向上を目指す 手指衛生の徹底化
編集
東北大学大学院医学系研究科内科病態学講座感染制御・検査診断学分野 教授 賀来 満夫
公立大学法人横浜市立大学附属病院感染制御部 部長 准教授 満田 年宏
山形大学医学部附属病院検査部 部長 病院教授・感染制御部 部長 森兼 啓太
自治医科大学附属病院感染制御部長・感染症科(兼任)科長,自治医科大学感染免疫学 准教授 森澤 雄司
発行年月
2016年1月刊
定価
本体2,000円+税 (送料実費)
年間購読料
本体8,000円+税 (送料当社負担)
判型
B5判
ISBN
978-4-86092-388-4
年4回(1,4,7,10月)
注文番号K39

年間購読注文番号KA
ご購入はこちらから

関連カテゴリー

主な内容

Special feature
継続・維持・向上を目指す 手指衛生の徹底化

■Review 手指衛生に対する考え方-変わらない原則・変わりゆくエビデンス
■Guideline WHOは何を目指しているのか?-多様的手指衛生改善戦略を理解し、活用する
■Technique 手指衛生テクニックの基本-現場事情に合った手法の選び方
■Update 手指衛生関連製品ガイドとその賢い選び方
1)手指洗浄剤-洗浄力か,殺菌力か
2)手指消毒剤-剤型・自動化・携帯型の有用性とは
■Problem 手指衛生コンプライアンスに影響する要素-徹底化の壁とその解決策
■Assessment 手指衛生の評価-各種モニタリングの手法とツールおよびそのメリット・デメリット
■Benchmark 手指衛生の指標-一般的な指標の捉え方と自施設の指標設定
■Outcome アウトカムの捉え方と効果的なフィードバック-外部への公開と発信を踏まえて
■Monitoring 実践に学ぶモニタリング法-どう指標を決め,どう取り組み,どう効果を得られたか
1)直接観察法
2)手指消毒剤使用量による観察法
■Instruction 手指衛生向上の啓発活動-医療従事者と患者・家族