雑誌

感染対策ICTジャーナル
Vol.8 No.4 2013

NO IMAGE
特集 施設規模・施設状況で考える感染対策-違いを踏まえたICT活動戦略
編集
賀来 満夫
満田 年宏
森兼 啓太
森澤 雄司
発行年月
2013年10月刊
定価
本体2,000円+税 (送料実費)
年間購読料
本体8,000円+税 (送料当社負担)
判型
B5判
ISBN
978-4-86092-379-2
年4回(1,4,7,10月)
注文番号K30

年間購読注文番号KA
ご購入はこちらから

関連カテゴリー

主な内容

Special feature
施設規模・施設状況で考える感染対策-違いを踏まえたICT活動戦略

■Prologue
施設の規模・状況・背景の違いを踏まえた感染対策の心得
■Basic 規模・状況・背景の違いから考えるICT活動
1)ICT,ICDの役割
2)ICTにおけるICNの役割
3)臨床検査技師の役割
4)薬剤師の役割
5)サーベイランスの役割
■施設規模・背景別で捉える感染リスクと感染対策の実際
1)大規模施設・中規模施設における感染対策-中核施設だからこそ抱えるリスクとすべき対策
2)小規模病院・高齢者施設における感染対策-できる対策,やるべき工夫
3)急性期施設と慢性期施設の感染リスク・感染対策の違い
■Management
1)感染管理人材の院内マネジメント
2)中・小規模施設における感染管理の人材育成・啓発活動
■Focus 地域医療連携を活用した感染対策
1)地域医療連携における中核施設がはたすべき役目-連携コーディネートのポイント
2)中・小規模病院および高齢者施設における感染対策
■Topic 医療連携にまだ参加していない施設はいかなる取り組みが可能か-参加までにできること