雑誌

感染対策ICTジャーナル
Vol.8 No.1 2013

NO IMAGE
特集 今日の針刺し切創・血液体液曝露対策
編集
賀来 満夫
満田 年宏
森兼 啓太
森澤 雄司
発行年月
2013年1月刊
定価
本体2,000円+税 (送料実費)
年間購読料
本体8,000円+税 (送料当社負担)
判型
B5判
ISBN
978-4-86092-376-1
年4回(1,4,7,10月)
注文番号K27

年間購読注文番号KA
ご購入はこちらから

関連カテゴリー

主な内容

Special feature
今日の針刺し切創・血液体液曝露対策

■Prologue
針刺し切創・血液体液曝露の現状と予防の考え方
■Basic 針刺し切創・血液体液曝露における標準予防策
1)針刺し切創と標準予防策-針刺し切創時の手袋装着による感染予防効果について
2)手術室における針刺し切創・血液体液曝露対策
3)歯科における血液・体液曝露予防策
4)産科領域における血液・体液曝露予防策
■Epinet
1)ピネット日本版サーベイランスから見えてくる針刺しの現状
2)Episys A分析ツール『見える化君』の自施設における活用術
■Update1 針刺し切創・血液体液曝露対策からみた安全器具の最新情報-器具の評価と導入のポイント
1)検査関係:真空採血器・動脈採血器・血糖測定関係・RI検査など
2)処置関係:静脈留置針・翼状針・ヒューバー針・透析針・PEG(胃瘻)など
3)薬剤関係:輸液剤・注射剤の衛生調剤や混合調製,輸液システム,プレフィルドシリンジやワクチン関連など
4)シャープスコンテナ(耐貫通性廃棄容器)
■Update2 針刺し切創・血液体液曝露後の被災者の対応-直後と継続的なフォローアップ
■Close up 針刺し切創・血液体液曝露と労災