雑誌

感染対策ICTジャーナル
Vol.4 No.4 2009

NO IMAGE
特集 最新SSI制御-説得力ある周術期管理のために
編集
賀来 満夫
満田 年宏
森兼 啓太
森澤 雄司
発行年月
2009年10月刊
定価
本体2,000円+税 (送料実費)
年間購読料
本体8,000円+税 (送料当社負担)
判型
B5判
ISBN
978-4-86092-363-1
年4回(1,4,7,10月)
注文番号K14

年間購読注文番号KA
ご購入はこちらから

関連カテゴリー

主な内容

Special feature
最新SSI制御-説得力ある周術期管理のために

■Prologue エビデンスベースのSSI対策-この10年で日本の周術期管理はどう変わったか?
■Review 今日におけるSSI対策
■消化器外科系手術患者の入院から退院まで
(1)術前のSSI対策
(2)術中のSSI対策
(3)術後のSSI対策
■科別SSI対策の特殊性
(1)心臓血管外科
(2)呼吸器外科
(3)整形外科
(4)泌尿器科
(5)産婦人科
■SSI制御のためのICTと各部署の連携
(1)ICTと病棟スタッフ
(2)ICTと手術部
(3)ICTとNST
■SSIサーベイランス
(1)SSI院内サーベイランスを始めるポイント
(2)日米のSSI国家サーベイランスとその現況
■ケア・気づき SSI対策の視点に立った看護ケアのポイント
■SSI教育 SSIを減らすための院内教育のあり方-誰に何を啓発すべきか?
■SSI制御の争点
(1)ドレーン管理
(2)抗菌薬-周術期の抗菌薬投与の考え方
(3)SSIと医療コスト-病院経営からみたSSI
■Close up 注目すべきSSI制御の新たなエビデンス
■Focus SSI対策と医療材料の検討