雑誌

臨床腫瘍プラクティス
Vol.6 No.3 2010

NO IMAGE
特集 がん患者への支持療法-専門医の実践する症状軽減のてだて
編集
坂田 優
佐藤 太郎
発行年月
2010年8月刊
定価
本体2,000円+税 (送料実費)
判型
B5判
ISBN
978-4-86092-470-6
年4回(2,5,8,11月)
注文番号J21

ご購入はこちらから

関連カテゴリー

主な内容

特 集 がん患者への支持療法-専門医の実践する症状軽減のてだて

1. がん性疼痛に対する支持療法
1)鎮痛薬をどう使いこなすか
2)骨転移による疼痛への対応
2. 化学療法に伴う各種有害事象に対する支持療法
1)骨髄抑制に対してどう対応すべきか
2)感染症に対してどう対応すべきか
3)消化器症状-悪心・嘔吐に対してどう対応すべきか
4)消化器症状-下痢に対してどう対応すべきか
5)消化器症状-口内炎に対してどう対応すべきか
6)出血に対してどう対応すべきか
7)心毒性に対してどう対応すべきか
8)肝毒性に対してどう対応すべきか
9)腎毒性に対してどう対応すべきか
10)神経症状に対してどう対応すべきか
11)皮膚症状に対してどう対応すべきか
12)腫瘍崩壊症候群に対してどう対応すべきか
3. がん患者の精神症状に対する支持療法

■連 載
抗がん剤を知る(21)-薬剤選択のための知識
実践・緩和医療のすべて(19)
クローズアップ・がん治療施設(19)
症例提示(21)
トピックス(20)