雑誌

感染と抗菌薬
Vol.10 No.2 2007

NO IMAGE
特集 抗菌薬の特性を活かして上手に使うコツ
編集
渡辺 彰
永井英明
御手洗 聡
発行年月
2007年6月刊
定価
本体2,000円+税 (送料実費)
判型
B5判
ISBN
978-4-86092-318-1
年4回(3,6,9,12月)
注文番号F37

申し訳ございません。
こちらの商品は在庫がありません。

関連カテゴリー

主な内容

特集:抗菌薬の特性を活かして上手に使うコツ

抗菌薬投与法における最近の動向
抗菌薬のPK/PDを活かす治療状況とは
治療効果にかかわるMICの理解
抗菌薬の時間依存性・濃度依存性が及ぼす治療効果
臨床で知っておきたいTDM
臨床で活かす各系統の抗菌薬の特性
1)注射用フルオロキノロン系抗菌薬
2)レスピラトリーキノロン
3)グリコペプチド系抗菌薬
4)カルバペネム系抗菌薬
5)アミノグリコシド系抗菌薬
6)マクロライド系抗菌薬
7)セファロスポリン系抗菌薬
Monte Carlo simulationを用いた抗菌薬投与法
De-escalation療法

●シリーズ・症例から学ぶ起炎微生物へのアプローチ
Gram strain 2-髄膜炎菌による髄膜炎
●随感
思い出ずるままに-医学人生模様(19)