雑誌

臨床腫瘍プラクティス
Vol.13 No.2 2017

特集 乳がん薬物治療―明日の臨床を見据えて
編集
三沢市立三沢病院事業管理者 坂田 優
発行年月
2017年5月刊
定価
本体2,200円+税 (送料実費)
年間購読料
本体8,800円+税(送料当社負担)
判型
B5判
ISBN
978-4-86092-499-7
年4回(2,5,8,11月)
注文番号J48

年間購読注文番号JA
ご購入はこちらから

関連カテゴリー

主な内容

特集 乳がん薬物治療―明日の臨床を見据えて
1.乳がん薬物治療の効果をどう予測し,治療を選択していくか
2.乳がん薬物治療―臨床現場での実践のために
1)Luminal A型乳がんへの薬物治療
2)Luminal B型HER2陰性乳がんへの薬物治療
3)Luminal B型HER2陽性乳がんへの薬物治療
4)ホルモン受容体陰性HER2陽性乳がんへの薬物治療
5)トリプルネガティブ乳がんへの薬物治療
6)術前・術後補助化学療法―適応をどう見極め,どう行うか
3.乳がん薬物治療―little more
1)内分泌療法から化学療法への移行はいつ?
2)抗HER2抗体薬が無効になった時,どうするか?
3)乳がん薬物治療による有害事象にどう対応している?

連  載
●放射線治療のいま―各がん腫におけるエビデンスと標準治療(12)
●切除不能膵がんとFOLFIRINOX療法(2)
●トピックス(46)