雑誌

感染対策ICTジャーナル
Vol.14 No.4 2019

特集 国内・海外のガイドラインから読み解く 手術部位感染(SSI)対策の正解
編集
東北医科薬科大学医学部感染症学教室 特任教授 賀来 満夫
東京女子医科大学医学部感染制御科 教授/同大学病院感染制御科 診療部長 満田 年宏
山形大学医学部附属病院検査部 部長 病院教授・感染制御部 部長 森兼 啓太
自治医科大学附属病院感染制御部長・感染症科(兼任)科長,自治医科大学感染免疫学 准教授 森澤 雄司
発行年月
2019年10月刊
定価
本体2,000円+税 (送料実費)
年間購読料
本体8,000円+税 (送料当社負担)
判型
B5判
ISBN
978-4-86092-753-0
年4回(1,4,7,10月)
注文番号K54

年間購読注文番号KA
ご購入はこちらから

関連カテゴリー

主な内容

Special feature
国内・海外のガイドラインから読み解く
手術部位感染(SSI)対策の正解

■Update1 SSI対策とガイドラインの最新レビュー―国内・海外のガイドラインを読み解く
■Update2 SSIサーベイランスの最新レビュー―JHAIS・JANISなどのデータを読み解く
■Perioperative  SSI対策における周術期管理の最新エビデンス
1)耐性菌対策の考え方―保菌対策と伝播予防策
2)全身管理の考え方―術中の血糖・体温・高酸素管理から術後の栄養管理まで
3)予防的抗菌薬投与の考え方―『術後感染予防抗菌薬適正使用のための実践ガイドライン』を踏まえて
■Know-how SSI対策の基本と製品選びのコツ
1)術野消毒と皮膚消毒薬―術前~術中~術後の皮膚管理
2)手指衛生と手袋
3)環境清掃と環境消毒薬
■Device 手術器具・器材の術中管理―手術現場での問題と正しい取り扱い
■Operation 手術種類別にみたSSI対策の実際
1)消化器外科手術
2)整形外科手術
3)心臓血管外科手術
■New Approach SSI対策における陰圧閉鎖療法の展望―国内・海外での適応状況と実際の有用性