お知らせ

一覧を見る

雑誌新刊

医師、コメディカルの実践に役立つ感染症情報誌

感染と抗菌薬
Vol.20 No.3 2017

特集 正しい選び方・使い方を導く 成人肺炎の抗菌薬治療 最新ナビゲート
発行年月:2017年9月刊
定価:本体2,200円+税 (送料実費)
注文番号F79
最新刊の詳細へ
バックナンバー
これからの消化器診療をリードする臨床学術誌

消化器の臨床
Vol.20 No.4 2017

特集 潰瘍性大腸炎の治療選択
発行年月:2017年8月刊
定価:本体2,500円+税 (送料実費)
注文番号E114
最新刊の詳細へ
バックナンバー
がん治療の専門医をめざす方のための学術情報誌

臨床腫瘍プラクティス
Vol.13 No.3 2017

特集 切除不能・進行再発大腸がん薬物治療―そのレジメン選択は正解か?
発行年月:2017年8月刊
定価:本体2,200円+税 (送料実費)
注文番号J49
最新刊の詳細へ
バックナンバー
チームで取り組む感染対策最前線のサポート情報誌

感染対策ICTジャーナル
Vol.12 No.3 2017

特集 血流感染予防の最新知見が示す 血管内留置カテーテル管理の極意
発行年月:2017年7月刊
定価:本体2,000円+税 (送料実費)
注文番号K45
最新刊の詳細へ
バックナンバー

書籍新刊

一覧を見る

進行・再発大腸癌の分子標的治療

◆近年の分子標的治療の定着に伴い,生存期間が飛躍的に延長した大腸癌。そんな大腸癌分子標的治療の今を知るために格好の書。
◆分子標的治療薬を中心に据え,各薬剤のあらましや個別化治療のためのバイオマーカー,そして有害事象への対応という,臨床医が最も知りたい情報をコンパクトに呈示。
◆欧米における治療の最新動向と,その解説についてもあまねく収録。これからの大腸癌分子標的治療に際しての必携書。
国立がん研究センター東病院消化管内科科長 吉野孝之 編
発行年月:2017年9月刊
定価:本体2,500円+税
判型:A5判 ページ数:140頁
注文番号A99
詳細を見る

女性のがんの治療

◆女性特有の,しかも罹られる方が大変多い「婦人科がん」や「乳がん」になった患者さんのために編まれた治療解説書です。
◆患者さん目線で語る専門医の解説。がんへの理解を深め,ご自身に合った治療をみつけるために最適の内容です。
◆実臨床でがんの診断・治療を受ける患者さんに行うインフォームドコンセント。その際にも是非お使い頂きたい本です。
※本書で解説しているがんは,「卵巣がん」「卵管がん」「腹膜がん」「子宮頸がん」「子宮体がん」「外陰がん」「腟がん」そして「乳がん」です。
岩手医科大学医学部産婦人科学講座教授 杉山 徹 編
発行年月:2017年6月刊
定価:本体2,000円+税
判型:B5判 ページ数:116頁
注文番号A98
詳細を見る

安全ながん薬物療法のために 知っておきたい薬のハンドブック

◆すべての医療スタッフのために―現場で繁用される抗悪性腫瘍薬の解説を見開き2頁で。
◆副作用の軽減,血管外漏出への対応,ポート管理など,ケアのポイントを解説。
◆安全ながん治療実現のために参考になる取り組みも併載。
北海道大学病院腫瘍センター 副センター長/診療教授 小松嘉人 監修
北海道大学病院 看護師長/がん看護専門看護師 石岡明子 編 
北海道大学病院 副看護師長/がん化学療法看護認定看護師 三宅亜矢 編 

発行年月:2017年3月刊
定価:本体2,500円+税
判型:A5判 ページ数:268頁
注文番号A97
詳細を見る

看護の現場ですぐ実行! 結核感染対策スマートガイド

◆結核感染対策のすべてを集約!
◆結核についてあまり詳しくないスタッフでも,ただちに結核対策をとれるよう重要なポイントを実践的にわかりやすく解説。
◆日常の看護現場で役立つ,看護師必携の一冊!
独立行政法人国立病院機構 東京病院 呼吸器センター部長 永井英明 編
発行年月:2017年3月刊
定価:本体2,800円+税
判型:B5判 ページ数:148頁
注文番号A96
詳細を見る